渋谷の審美歯科で審美と機能の両面をアプローチ

subpage1

渋谷には若い人達が大勢集まる地域性から、審美歯科と呼ばれる新しい歯科が増えています。



審美歯科というのは、美しさと機能に焦点を当てた総合歯科治療のことを言います。



従来の虫歯を治療するということに焦点を当てた歯科とは目的が異なります。
渋谷の審美歯科が考えると美しさと機能とは、たとえば「美しい歯並びで明るい笑顔」「こぼれる白い歯」「噛み合わせの良いきれいな口元」などが審美的側面であり、「良い噛み合わせで快適な食事「正確な発音で楽しい会話」「清潔な歯と歯茎で爽快な口元」などが機能的な側面として考えています。


どちらか一方だけでなかう、この審美的な側面と機能的な側面の両方からアプローチしていくのが、渋谷の審美歯科の特徴です。

歯を綺麗にする基本的な方法を紹介すると、歯の表面の色素を除去し、歯石の除去を行うクリーニングと呼ばれる方法と、歯の色そのものを白くするホワイトニングがあります。


また、歯並びまで綺麗にするには、矯正やセラミックのかぶせ物(オールセラミックやラミネートなど)による治療などがあります。

現在、銀色の詰め物やかぶせ物をしていて白くしたいという方には、天然の歯に近い色合いで加工することができ、目立ちにくいオールセラミックに変えることができます。


見た目が綺麗になるのはもちろんですが、金属の詰め物やかぶせ物を使用したときに生じる金属アレルギーのリスクがありません。



その意味では身体にも優しい治療法と言えます。