渋谷の審美歯科で銀歯を白く

subpage1

虫歯の治療をした後、銀歯を詰めたり、かぶせたりしますが、奥歯の治療でも口を大きく開けると見えてかっこ悪いとものです。

また、金属アレルギーの心配もあり、銀歯を何とかならないのだろうかと考えている人は少なくないことでしょう。

渋谷にある審美歯科では、銀歯を目立たなくする治療を行っているので相談してみると良いでしょう。



たとえば、前歯が神経を抜かなければならないほどの大きな虫歯になってしまった場合に、そこを保険診療の被せ物で治療する場合は表面にプラスチックを焼き付けた金属の被せ物をします。

表面から見ると白い歯に見えるので大きな問題はないのですが、口を大きく開けると歯の裏側に隠れていた銀色が見えてしまったり、加齢によって歯茎が痩せ、金属フレームが見えてきてしまったり、時間の経過とともに金属イオンの影響で歯茎が黒ずんできたりということが起こります。またプラスチックが変色してしまうことも多いです。


このような症状を解決するために、渋谷の審美歯科では別の素材を使ってかぶせ物をし直すことができます。素材の種類によって費用が異なりますが、最も安いのがハイブリッドセラミッククラウンと呼ばれるセラミックとプラスチックを混ぜた被せ物です。



費用の相場は4万円〜12万円程度です。

すべてをセラミックでできたかぶせ物に変える場合は、1本7万円から17万円程度かかります。

やや高くなりますが見た目の自然さでは一番です。
渋谷の審美歯科で銀歯を白くすることで、笑顔を取り戻すことができるでしょう。